アマゾンオメガ、出来がとても良い(造形)


でも可動がちょっと「うん…もう少し屈めるといいかな」って感じだったのでこういう時にはわたしの出番


さて、ビフォーの可動はこんなもの

「えっ…???」て思うくらい屈むことができませんでした
あの常に低い体勢で戦ってるアマゾンオメガくんとは思えません

というわけでアフター
すごい!とまではいきませんが人並みに前屈できるようになりました


さてやり方です
まずはもちろんバラします

股関節パーツを若干削ってみます
ただこっちはベルトを挟むので意味があるかよく分かりません
一応腹パーツの下側も数ミリ削っておきました


その次
胸パーツの内部をごっそり削りました
よっぽどおかしなところまで到達しない限りは強度も問題ない箇所なので割と大胆に。
分かりにくいかなと思ったので図解を追記
腹パーツが入り込むようにクリアランスを取るためネジの上の方までえぐり込んでます



作業的にはこれだけです
これで前掲の写真くらい前屈できるようになります
当然改造は自己責任で。


そんなこんなで前に屈めるようになったオメガくん
脚の引き出しと合わせるとなかなかイメージに近い感じになりました


めでたしめでたし。

と言いたいところですがさらにディテールアップなど。
腹筋にオレンジのスミをいれました
あと気づくでしょうか…複眼の中にアップ用スーツと同じように目をつくってみました
コレ


やり方。
まずは頭をバラします
フィギュアーツに多い「中のパーツにモールド&シルバー」ではなく外のクリアパーツの裏側に直接モールドとシルバーが塗ってあるタイプ。
中のパーツの上からさっと塗って済ますつもりだったのにアテが外れました

とか言ってもしかたないのでまず位置を決めます
シルバーが塗ってありますが光に透かすと複眼の位置がはっきり見えるのでそれを基に直接目を描きこみます

その目の部分のシルバーを落とします
溶剤を染み込ませた綿棒でこするとか、もしくはこういう風にカリカリと削り落とす…


表から確認
シルバーの塗装が落ちたので目が光って見えます
うん、良さそう


というわけで組み付けて様子を見る
塗装を落としただけではちょっとぼんやりしてる感じかなー?

と思ったのでシルバー落とした目の箇所には暗めの銀を塗りました
よい感じ


というわけで現状こんな状態になりました
比較
腹筋のスミはリアルタッチマーカー買ってきてもう少しやり直してもいい気がしますが一旦これで完成ということにしておきます