59EAB4EE-2C75-4BAC-873D-1EBD620221C6
▲数日前にほぼ完璧な出来!最高!と絶賛してた真骨彫暗黒騎士呀なんですが、遊んでるうちに肘が気になってきまして。
写真の左…つまりフィギュアの右肘が無改造なんですが、二の腕の分割がなんか変じゃないですか?
 

普段大体マントが後ろにあるのであまり目立ってはいないんですが、二の腕パーツの肘の所がバッツリと切れている感じになり腕のラインが変になっています
真骨彫どころか無印アーツでも最近こんなのないんじゃない?てくらい不自然な分割です
いつもならここは関節パーツを隠すようにサイドが伸びて凹 みたいな形に分割されていると思うのですが、なぜかほぼ真っ直ぐに断ち切られています

コレ、気づいた瞬間からどんどん気になってくるんですよね……

642BF4D6-E2A3-42DC-BFB5-78200C207032
 ▲内側を見ると関節の金属軸が見えてしまっている状態。
いったいなぜ…???
真骨彫の仕事とは思えないのですが一体何があったのでしょう……不満というよりは心配になってしまいます

まあとにかくそんなわけで左肘のように関節を隠すようパテを盛り腕のラインを自然にすることにします
D8DE6773-CE25-43C4-AB78-FEB3B44ED864
90D58C6C-04D3-4E36-B0AA-6A610ECEB71E
 ▲ここには盛っても可動させた際に当然支障がありません
ますます何故こんな変な分割をしたのか謎です

 
C9B3F6F6-43D6-467F-809F-133BA6D0C065
 ▲パテは毎度の通り成形色を黒っぽくするためにキャストナーリキッドを混ぜ込んでます
固まったらある程度馴染むように削って自然な風に楽造形。
ちなみに前腕は外れましたが関節〜上腕が異常に固くて外れなかったので今回はこの状態で全ての作業を行いました 

0AB27215-3171-490B-A5B0-3569EFA997AB
 ▲腕の方向を直してシルエットを確認
だいたいOK。

2440B847-3D56-4756-A2A2-4DB31A605E1A
 ▲元々の上腕部分とパテを盛った部分との色の微妙な違いは墨入れペンでワシャワシャーっとやって同じ程度に色を馴染ませます
そして前腕を取り付け直し。

そこそこですが良い感じのラインになりました 


501FA478-167A-4D00-A9DE-1CC9E6CBD130
 ▲完成。
右と左の感じがちょっと違う感じになりましたがそこはヒマな時にさらに直すとして、一先ず良しとしましょう 
必ずしもピッタリ完全に同じ必要はありませんしバツバツと切れていた元よりはかなり自然な感じに出来たのでとりあえず許容範囲です

A4A467DA-7F3D-46CE-BDCF-6CE9ADCD0670
▲ポーズをとらせた感じも問題なさそうです

25E87315-101B-4983-BE64-92F58018DD84
▲マントを羽織るとまあ、前述の通り腕のラインが不自然だろうが自然だろうがあまり気にはなりません
しかしとりあえずコレで紛うことなく完璧。

34695BB3-EFF4-44D8-807A-93A819F08B4D
▲そんなこんなで本日はちょこっと気になる真骨彫暗黒騎士キバの上腕改修でした
それではこの辺で
ごきげんよう