先月は仮面ライダー滅を買いまして。
B09E22BB-52E4-4F64-A160-94ABBD0ADA52
 ▲かっこいい箱

AE4031CD-EF05-4718-8B88-573F34813224
 ▲とりあえず開封。最近はもうクオリティが高くてほぼ何もすることがなかったりしますが……

今回、滅に関してはなぜか足首の部分だけ変な感じ。
5B2F7402-47DC-4D49-B83B-58137775152E
▲足首の接続がいつもと違って浅いです

 53C3D0B3-2B8C-4FFD-BA40-A88CFBA1B230
▲雑ですが図解するとこんな感じ。
スネと足首の部分は軸回転で可動にほぼ支障がないのでいつもならジョイントがもっと深くスネに埋まった形になっており段差を小さく抑えるような配慮がされています
しかし滅の足首はほぼ断ち切った部分にジョイントをただ挿しただけで埋まっていないので段差が大きく接続部分が貧弱に見えます
斬られた足首が皮一枚でかろうじて繋がっているような細さを感じます


…というか書いていて気づきましたがジョイントが埋まらずに挿さっているだけのため段差が大きく出る現象、ついこの間も経験しましたね……
そう、暗黒騎士呀の肘が同じような雑な分割でした
変なところで手を抜くクセでもついてるんですかね?
こういったことが続くようなら不安です
造形やバランス、ほとんどが完璧な出来なだけにちょっとした部分の手抜きが余計に気になります


さて、本体に色々と加工するのが面倒になってきたのもあり、今回は適当に
17525CA4-5A05-438E-A678-42ACA85A158F
▲サクッとこうしてみました
毎度おなじみの粘着タック(ひっつき虫)に、似た色で着色します
それを適量隙間に詰めて間を埋めるだけ。
93499B4D-5558-42B0-A6C7-06E14D248437
▲粘着タックなので可動に全く支障がなく、足首の見た目を太めにすることができます

粘着タックだと動かす時にひっついてきて気になる…という人などは同じ場所にパテなどを(ジョイントが回るのに支障ないクリアランスを確保しつつ)盛り、塗装するだけで同じ感じにできます
暗黒騎士呀の記事も参考にはなると思いますのでよろしければそちらもどうぞ

F96F4F9C-2DF5-4D6C-A5A4-BE67739153E5
▲ビフォーのこの足首スカスカ具合と
93370EBC-B14D-4846-9112-BE805192B8A1
▲アフターの感じを比べてみると全然違いますよね、安定感が
細かいところではありますが見た目もさることながらむしろ『これまで普通に出来ていたことがなぜか手を抜かれている』というのが一番気になる原因なのかな〜…と思います

そんなわけで今日はちょっとした小技の紹介でした
それではご機嫌よう